椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニアの症状の特徴?

椎間板ヘルニア,治療

椎間板ヘルニアの症状としては、腰痛や、腰から足にかけてのしびれ、感覚障害や、排尿困難などが挙げられます。

 

私たち人間の体の中心には、背骨が通っていて、体をまっすぐ支えています。この背骨は計24本という、たくさんの小さな骨が集まってできています。24個の骨がレンガのように重なっていますが、骨と骨の間には、椎間板と呼ばれる軟骨があり、クッションの役割を果たしています。

 

椎間板ヘルニアは、老化や激しい動きなどによって、この椎間板が外に飛び出し、神経を圧迫して、激しい痛みやしびれを引き起こす状態です。いきなり激しい痛みに襲われることもありますが、自分でも気付かないうちに、次第にひっそりと進行している場合もあります。

 

椎間板ヘルニアの症状の特徴としては、同じ姿勢でいるのが辛い、運動能力が低下する、感覚が鈍る、などが、初期に現れてきます。立ち続けたり、座り続けたり、とにかく、同じ姿勢を取り続けることが困難、前かがみの姿勢をとると痛みが走る、イスから立ち上がったり、座って足を伸ばすのがきつい、足に触っても感覚が鈍かったり、足が重い、などの自覚症状を感じたら、それは椎間板ヘルニアかも知れません。

 

このような症状を感じたときは、一刻も早く、専門医の診断を受けましょう。悪化してからでは、椎間板ヘルニアの治療法がより難しくなります。