日焼け止めの選び方

ためになる日焼け止め塾:日焼け止めの選び方(乾燥肌編)

日焼け止めの選び方

日焼けは太陽から降り注ぐ紫外線が肌に当たることによって、肌は有害な紫外線から身を守るために肌の奥に潜むメラニン色素を押し出して守ります。しかしメラニン色素を出したとしても完全に守り切れるものではないため大半は中に入ってしまい肌荒れの原因になってしまうことから、化粧品の日焼け止めを塗ることが大事です。

 

しかし日焼け止めを塗ると確かに紫外線の影響をほぼ抑え込むことができますが、日焼け止めを塗るとまれに乾燥肌になってしまうことがあります。それは日焼け止めの中には紫外線を吸収する紫外線吸収剤や紫外線散乱剤という成分が配合されています。紫外線吸収剤や紫外線散乱剤という成分が配合されていることで紫外線の影響を受けにくくなるのですが、その反面皮膚の水分や油分を落としてしまうため肌荒れになりやすいのです。

 

そこで日焼け止めで乾燥肌に悩む人には、その対策がなされている物を選ぶことが大事になります。基準としては化粧品の裏側に書いてあるものの中で、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプと表記されているものを選ぶか紫外線吸収剤が入っていても乾燥肌対策として潤いを与える保湿成分が入っているものを選ぶとよいです。ただこれらのものは通常のものよりも値段が高いのがネックといえます。

 

値段が高いため入手しづらいという時には、根本的な問題が塗ると乾燥することがいけないことなので日焼け止めを塗る前に乳液などの保湿液を塗ってから日焼け止めを塗るというのも手段となります。

 

参考サイト メルラインのリアルな口コミ