頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアとは?

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアとは、頚椎を構成している椎骨のうち、その椎骨の間で衝撃を吸収する役目である軟骨(椎間板)の内部の髄核が飛び出し、脊髄や神経根を圧迫してしまう病気のことをいいます。症状としては頚部の痛みや肩こり、手足のしびれや痛み、運動麻痺などさまざまなものが挙げられます。

 

頚椎椎間板ヘルニアが疑がわれる症状が出た場合は知覚・筋力などの神経学的検査、X線検査やMRI検査などを行い、診断の結果によって治療法や手術の検討をします。手足のしびれの症状や脱力が長期間続き、症状に変化が見られない場合は薬や理学療法などの保存治療で経過をみる場合が多いですが、保存的治療で改善が見られなかったり、運動麻痺が進行したりする場合は手術をすることになります。

 

頚椎椎間板ヘルニアにならないためには、日常生活で頚部に過度な負担をかけないように心がけることが重要です。自分に合った枕を使う、悪い姿勢で頚部を曲げすぎたり伸ばしすぎたりしない、頚部に著しく負担がかかるようなスポーツは控えるなどの点に注意するようにしましょう。いぬのきもち口コミ