頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアとは?

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアとは、年齢や運動負荷・遺伝的素因などいろいろな因子によって起こる病気です。頸椎椎間板ヘルニアになると、頸部の痛みや肩こり、手足のしびれや痛み、運動麻痺などさまざまな症状が現れるようになります。

 

頸椎は7個の椎骨で構成されており、椎間板とは椎骨の間で衝撃を吸収してクッションのような役割をしている軟骨のことです。そして椎間板ヘルニアとは、クッションの表面が破れ、内部の髄核が飛び出した状態のことをいいます。この飛び出した髄核が神経組織を圧迫することで、神経症状が起こってくるのです。

 

頸椎椎間板ヘルニアが疑われる場合は、診察で知覚・筋力などの神経学的検査、X線検査やMRI検査などを行い、診断の結果によって治療法や手術の検討をします。手足のしびれや脱力が長期間続き、変化があまり見られない場合は、薬や理学療法などの保存的治療で経過をみる場合が多くなってきていますが、それらの治療で改善が見られなかったり、運動麻痺が進行する場合は手術をすることになります。

 

頸部の痛みや肩こりだけならば、よくある症状なので深刻に心配する必要はありませんが、痛みが強い場合や手足にしびれなどの神経症状が見られる場合はすぐに整形外科を受診しましょう。