椎間板ヘルニア 再発

椎間板ヘルニアの再発を防ぐには?

椎間板ヘルニア,再発

椎間板ヘルニアの再発を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。椎間板ヘルニアは、背骨の間にあってクッションの役目をする軟骨である椎間板が潰れ、髄核という中身が飛び出して脊髄神経を圧迫することによって痛みを発症する症状です。一度潰れた骨は元には戻らないので、椎間板ヘルニアは一旦治っても腰に強い負担をかけるとまた再発する恐れが十分にあります。

 

椎間板ヘルニアの治療には手術や保存治療がありますが、いずれの場合も再発の可能性がゼロではありません。再発の可能性を限りなく少なくするためには、日常生活で背骨や腰骨に過度な負担がかかるのを意識的に防ぐ必要があります。

 

再発の予防としては、同じ体勢で長時間過ごさないように気を付けることが挙げられます。運転や仕事でやむおえない場合も、ストレッチをしたりコルセットやクッションなどを利用してして負荷を和らげるようにしましょう。また、疲れを感じたらゆっくり入浴をして十分睡眠をとるなど、身体に疲れを溜めたままにしないことです。

 

さらに、腹筋や背筋を鍛えて負担に強い身体にすることも重要です。身体に強い負荷がかかるような激しい運動ではなく、全身の筋肉をバランス良く鍛えられ、毎日続けられるストレッチ体操や散歩、身体に負荷の少ない水泳などを無理のない範囲で行うようにしましょう。